7ヶ月と13日違いのまったりパグとおきゃんな黒パグ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ちょび子
 
[スポンサー広告
去年を振り返る。
ちょびは現在8キロキープのちょっとぽっちゃり女の子。


DSC00081[1]


一緒に写っているのは、頂き物の可愛い黒パグのアミグルミ。 





我が家には既に妹分1号の
 
  『 クゥ娘 』 
     
     1258952890.jpg がいます。







・・・妹分2号のお名前何にしようかなぁ。


くぅ、クゥ、『クゥ誕』なんてどうだろう(笑














さて、動画を整理していたら、去年の3月の動画が。


クゥ、痩せっぽちなのにガンガンちょびに食ついてるの。


1年前はちょびは・・・たぶん、7.5キロかなぁ。
クゥは何キロだったんだろう。
どっかに書き留めてるはずなんだけどね^^;



[広告] VPS



『 舞の海 対 小錦 』のパグバージョン?(笑





クゥと遊んだ事がある人から写真データを貰ったりしてるんだけど、
自分がいつも見ていた角度のクゥじゃない部分の可愛さ再発見。



私は、寂しいけど元気だよ。

辛い気分にもなるけど、楽しい事は楽しいと思えるんだよ。

人の心って自分を守るように出来ている。

そう実感する、今日のこのごろです。

















*コメント欄は誠に勝手ながら閉じております。
Posted by ちょび子
 
[日常

thema:犬。それもパグ犬。 - genre:ペット


春に咲く花を。
日に日に仙台も春めいてきています。

そんな中、私は横にちょびをはべらせて、
クゥの写真に語りかける穏やかな毎日を送っていました。
今でも「怒り」と云う負の感情に襲われると、同じ強さで
してあげれなかった事の後悔に否応なしに苛まれるのですが、
そんな時には、ちょびのニホヒを嗅いで心を静めています。



ところで、私は困った時の神頼みの「いろいろ宗教派」です。



『 天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
  地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその虹の橋へ行く。 』


というお話が、ワンコを含めペットを愛する人たちに浸透している事も知っています。
古いインディアンの伝承にもとづいているお話だそうです。



元になった伝承が凄く気になったのですが、ネットでみつける事は出来ませんでした。
インディアンに天国と云う概念があるのかも調べたのですが、
『神は遠い宇宙に存在する』との考え方のようです。
宇宙。なので天に国があるとは思っていないかも、です。




と云う事で「虹の橋」に天国が出てくるって事は、
キリスト教の考えを織り込んだ話になっているんですよね。



クゥが楽しく過ごしていると信じられるのであれば、
冥土でも天国でも虹の橋でも、はたまた宇宙でも、
今いる場所がどこでもいいのですが、
痛みや苦しみから解放され、私を待っていてくれるという考えは、
抗いたがい魅力があります。


何が書きたかったかというと、虹の橋があると考えるのも悪くないかもな、と。


一ヶ月目にカトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは召天記念日として、
記念式を行ったりするそうです。
だから、一か月後を「昇虹記念日」とし、樹木葬をしようかなあと考えています。
手入れが簡単で3月位に花が咲く低木がいいんだけど。
・・・詳しくないんで・・・ノンビリ探してみるつもりです。








さて、ブログをちょっと放置してしまいましたが、
このブログタイトルでクゥ抜きでの「 今 」を書く事は苦しいです。
でも、変えたくはない。




だからちょびとの毎日は引っ越して書くつもりです。
ここはたまに元気なクゥを妄想する場所として更新しようと思います。




今日は先月の今頃、既に書いていた記事をUPしたいと思います。

こんな歌知らないと突っ込まれる前に→「 マッハGOGOGO 」
是非BGMでかけながら楽しい気分で眺めて頂ければと思います。




_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  

 ( ドラム )


マッハGO♪GO♪GO♪





風も震えるヘアピンカーブ♪

DSC05812[1]




怖いものかとゴーゴーゴー♪

DSC05829-2.jpg




ホワイトボディ マッハ号♪

DSC05811[1]




負けじ魂親譲り♪

DSC05840-2.jpg




走り出したら後には引けぬ♪

DSC05831[1]




行くぞ勝利のゴールまで♪

DSC05856[1]




マッハゴーゴー♪

DSC05798-1.jpg




マッハゴーゴー♪

DSC05806-1.jpg




マッハゴーゴーゴー♪

DSC05807-1.jpg






やっぱ、ちょびクゥは楽しくなくっちゃね!



_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _  




リンクをはって下さっていた皆様へ。ありがとうございました。
たまにしかUPしないブログになるので遠慮なく外して下さいね。


今までポチして下さった皆様。ありがとうございました。
励みになっておりました。
この記事をもちましてランキングからは外れます。

最後の一押しを。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村










Posted by ちょび子
comment:45   trackback:0
[日常

thema:犬。それもパグ犬。 - genre:ペット


ありがとう。
寂しい・・・
他に言葉が思いつきません。


クゥが逝ってしまってから、毎日毎日寂しくって仕方ありません。
これが本音です。




目を覚ました時にもぞもぞと布団から顔を出さない事が。
歯ブラシをする時に足元に寄りかかってこない事が。
座った時に膝の上に乗ってこない事が。





当たり前に思っていた体にかかる心地よい重みがない事が。



クゥの存在を体で感じられないことが寂しくて仕方ありません。




あの日から色々考えました。
なぜ・・・。
もし・・・。
だったら・・・。


答えはでないのに。


コメントくださったまきまきさん、「医療過誤」ではないかと思う気持ちはあります。
あの日の夜、主人は獣医師に食ってかかっていました。
次の日にお花を手向けに来ましたが、会おうともしませんでした。





私も人間が出来ていないので、責めたい気持ちはあります。

それで、クゥが帰ってくるなら。

それで、この悲しみから解放されるなら。

泣きながらでも獣医師にありったけの呪詛のコトバを投げつけたでしょう。




でもね、思いたいのです。

この手に抱いて逝かせる事は出来なかったけど、
クゥは病院で最後まで大事にされていたんだと。


大事にされていても、避けられない事だったと思いたいのです。



私は弱い人間です。
だから。
クゥはうちの子で幸せだったと思いたいのです。
獣医師が謝る事で許しを得ようとしたように、
私も怒りを静める事で、
一人(一匹)で逝かせてしまった事の許しを得たいのです。






まきまきさん、多頭飼いは楽しいですよ。
失った悲しみは思っていた以上でしたが、それに余りある幸福な時間をクゥにもらいました。
だから失ってしまう辛さを知ったくせに、この先私は黒パグを飼ってしまうでしょう。
クゥに似てそうで、似ていない子を。






サヨナラする時に。この腕に抱きしめていられる事を願いながら、

毎日毎日「大好き。」と。その子に言うでしょう。







今、腕の中にいる手のかかるちょびに「大好き。」と。言う度に。

一人(一匹)で行かないでね、と。あの日から毎日願っている同じ気持ちをこめて。











私を心配してくれている皆様へ。

コメント、メールにお花そして追悼記事、ありがとうございます。
皆様の優しさに感謝の気持ちでいっぱいです。
私は寂しい気持ちと折り合いをつけながら元気に過ごしています。
それにね、少しずつ時間が悲しみの色を変えてくれる事を知っています。
私を心配し想ってくれている人がいる、笑らかそうってしてる人がいるって事が支えになり、
クゥの事、笑って思い出してもいいのかなあと思える力にもなっています。
だからね。少しだけ時間を下さい。
「心配だ、心配だ。」と言われると、こっちが逆に心配になっちゃいますよ。




それと長老パグさん達、クゥの分までめちゃくちゃ長生きして欲しいんだから、
「順番、順番」と言わずにゆっくりしていって下さいね!!







最後にお願いです。


このブログを読んでいる人にはクゥは可哀そうな子ではなく、
幸せな子だったと記憶しておいて欲しいのです。




1度しか満開の桜を見ずして逝ってしまった子だけど。
1年という短い命で逝ってしまった子だけど。
大好きなワンコと遊び、たくさんの人に愛された子です。
その時その時クゥは楽しそうに過ごし、幸せな時間を確かに送っていたはずだから。



散らばっていた写真整理を去年からしていました。

少し長いのですが最後までご覧頂ければ幸いです。




♪桜の雨、いつか」- 松たか子  

youtube





『   クゥたん。ありがとう。   』


えがお




『 笑顔のクゥたんをおぼえておいて貰おうね。 』





お礼と、ちょびも私も元気に過ごしている事をお伝えしたく記事を書きました。
コメント欄は閉じますね。









Posted by ちょび子
  trackback:0
[日常
逝ってしまったクゥたん
前回の記事にあたたかいコメントありがとうございました。



DSC09337[1]



昨日の午後には悲しみに負けてしまい個人的にメールをくださった方にも、
一つ一つお返事を返す気力がなくなってしまいました。申し訳ありません。
コメントもメールも、一つ一つ読ませて頂き、
皆さんがクゥとの別れを惜しんでくださっている事に感謝しております。





本日、クゥの小さい体はもっともっと小さくなってしまいました。


DSC08757-1.jpg
病院へ行く前の朝の定位置での元気だったクゥたん。










「神、与えたもう、神、とりたもう。」
KYOKOさんが昨日コメントに書いて下さったコトバです。





20100304182048.jpg
木曜日に一緒に病院に行けなかった娘の為に
酸素室にいるクゥたんを携帯で撮った最後になってしまった写真。






夫は最初ワンコを飼う事に反対でした。
理由は自分たちより先に逝ってしまって、悲しむのが分かっているから。
「それでもいいの?」と聞かれ、「うん」と答えたのです。


その時は、寿命までちゃんと可愛がれば、
悲しくっても想いを残す事はないだろうと思っていたのです。


ちょび、そしてクゥが加わり、
ワガママなちょびは私を困らす為に先に行っちゃうけど、
イイ子のクゥたんはいつまでも私のそばにいてくれるだとうなぁと
抱きしめるたびに考えていました。





でも。





クゥたんはイイ子だから、頭の中の病気の秘密が
ばれちゃったから逝ってしまったのかな。
それとも長く苦しんだら、私が困ると思っちゃったのかな。
いっぱいいっぱいワガママ言ってくれたら良かったのにな。




最後にちょびのトコにお別れを言いに来たでしょう?
病院からの最後の電話がなる少し前に、寝ていたはずのちょびがクンクン鳴いていたよ。
だからね、あぁ電話が鳴るんだろうなぁって思った。


ちょびは動かなくなったクゥたんを不思議そうに何回も嗅いでいたよ。
寂しい気持ちは一緒なんだよね。





クゥたん。お別れは言わないね。





これからもクゥは毎日ちょびと一緒だよ。
今は何を見てもクゥたんを思い出してしまって、
クゥたんがいなくなってしまった事を凄く寂しく感じます。
その寂しさを埋める方法が思いつかないけど、
あの日オトウに「うん」って答えて良かったと思っているよ。








DSC07784-1.jpg






クゥたん大好きだよ。オカアに幸せな時間ありがとう。

いっぱい愛されてクゥたんも幸せだったよね。

















Posted by ちょび子
comment:50   trackback:0
[病院・体
何故なのでしょうか
クゥが夜中の1時過ぎに逝ってしまいました。

昨日、MRI検査でした。
夕方、仕事を終え6時からのお迎え予定でした。

仕事が終わる5時、10分前
「麻酔からの覚醒に問題があり、緊急を要する状態なのでスグに来て欲しい」
と病院から連絡がありました。


タクシーで到着した時、クゥは酸素室の中でした。
苦しそうな呼吸。それでもちゃんと目を覚ましていた事にこの時は安心したのです。




誤嚥性肺炎



「肺が片方既に機能していないので、予断を許さぬ状況です。三日間が山だろう」と。


ずっと付き添っているわけにもいかず、

窓越しで私を見て立ち上がろうとするクゥを休ませてあげたかったので

昨日は1時間付いていて帰宅しました。




夜中12時半過ぎに病院からの電話。
「呼吸が止まり、人工呼吸器につないでいます。」


それから約1時後に電話。
「心臓が止まりました。」




未だに何があったのか分からない状態です。





昨日の夕方クゥは酸素室の中で「また置いていっちゃうの?」と不安だったでしょう。
そして、肺が片方ダメになって気管に血が混じっての呼吸は苦しかったでしょう。
まだ1歳なのに、どうしてクゥは苦しい中逝かなくてはいけなかったのでしょう。






病院側の説明は、短頭種は麻酔からの覚醒時、呼吸器を苦しそうになってから外すので
外したとき転げまわってしまい、まだ覚めきっていないのでヨダレを誤嚥してしまったとも、
MRIの検査結果で「水頭症」が発見され、
嚥下する神経を圧迫していたのかもしれないとも言われました。



病院側からはMRIの検査費用も入院費も請求されませんでした。
木曜日のクゥはいなかった事にして欲しいのかと悲しくなりました。
お金ならいくらでも払うので、病気があってもいいから、
いつものクゥを返して欲しかった。



夜中、引きとりに行った時にクゥはまだ温かで、そして苦しそうな顔をしていました。


冷たくなってしまったクゥ。
でも、朝になって起きてこないのが私には不思議でたまりません。
私が動くと、ちょびより先にどこまでどこまでもついてきていたのに、
今日は私が声をかけても撫でても横たわったままです。



明日9:20に荼毘にふします。
祈りなど通じないと分かっていも「行かないで」という気持ちでいっぱいです。



DSC08769-1.jpg






Posted by ちょび子
comment:43   trackback:0
[病院・体

thema:犬。それもパグ犬。 - genre:ペット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。