7ヶ月と13日違いのまったりパグとおきゃんな黒パグ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ちょび子
 
[スポンサー広告
逝ってしまったクゥたん
前回の記事にあたたかいコメントありがとうございました。



DSC09337[1]



昨日の午後には悲しみに負けてしまい個人的にメールをくださった方にも、
一つ一つお返事を返す気力がなくなってしまいました。申し訳ありません。
コメントもメールも、一つ一つ読ませて頂き、
皆さんがクゥとの別れを惜しんでくださっている事に感謝しております。





本日、クゥの小さい体はもっともっと小さくなってしまいました。


DSC08757-1.jpg
病院へ行く前の朝の定位置での元気だったクゥたん。










「神、与えたもう、神、とりたもう。」
KYOKOさんが昨日コメントに書いて下さったコトバです。





20100304182048.jpg
木曜日に一緒に病院に行けなかった娘の為に
酸素室にいるクゥたんを携帯で撮った最後になってしまった写真。






夫は最初ワンコを飼う事に反対でした。
理由は自分たちより先に逝ってしまって、悲しむのが分かっているから。
「それでもいいの?」と聞かれ、「うん」と答えたのです。


その時は、寿命までちゃんと可愛がれば、
悲しくっても想いを残す事はないだろうと思っていたのです。


ちょび、そしてクゥが加わり、
ワガママなちょびは私を困らす為に先に行っちゃうけど、
イイ子のクゥたんはいつまでも私のそばにいてくれるだとうなぁと
抱きしめるたびに考えていました。





でも。





クゥたんはイイ子だから、頭の中の病気の秘密が
ばれちゃったから逝ってしまったのかな。
それとも長く苦しんだら、私が困ると思っちゃったのかな。
いっぱいいっぱいワガママ言ってくれたら良かったのにな。




最後にちょびのトコにお別れを言いに来たでしょう?
病院からの最後の電話がなる少し前に、寝ていたはずのちょびがクンクン鳴いていたよ。
だからね、あぁ電話が鳴るんだろうなぁって思った。


ちょびは動かなくなったクゥたんを不思議そうに何回も嗅いでいたよ。
寂しい気持ちは一緒なんだよね。





クゥたん。お別れは言わないね。





これからもクゥは毎日ちょびと一緒だよ。
今は何を見てもクゥたんを思い出してしまって、
クゥたんがいなくなってしまった事を凄く寂しく感じます。
その寂しさを埋める方法が思いつかないけど、
あの日オトウに「うん」って答えて良かったと思っているよ。








DSC07784-1.jpg






クゥたん大好きだよ。オカアに幸せな時間ありがとう。

いっぱい愛されてクゥたんも幸せだったよね。

















スポンサーサイト
Posted by ちょび子
comment:50   trackback:0
[病院・体
何故なのでしょうか
クゥが夜中の1時過ぎに逝ってしまいました。

昨日、MRI検査でした。
夕方、仕事を終え6時からのお迎え予定でした。

仕事が終わる5時、10分前
「麻酔からの覚醒に問題があり、緊急を要する状態なのでスグに来て欲しい」
と病院から連絡がありました。


タクシーで到着した時、クゥは酸素室の中でした。
苦しそうな呼吸。それでもちゃんと目を覚ましていた事にこの時は安心したのです。




誤嚥性肺炎



「肺が片方既に機能していないので、予断を許さぬ状況です。三日間が山だろう」と。


ずっと付き添っているわけにもいかず、

窓越しで私を見て立ち上がろうとするクゥを休ませてあげたかったので

昨日は1時間付いていて帰宅しました。




夜中12時半過ぎに病院からの電話。
「呼吸が止まり、人工呼吸器につないでいます。」


それから約1時後に電話。
「心臓が止まりました。」




未だに何があったのか分からない状態です。





昨日の夕方クゥは酸素室の中で「また置いていっちゃうの?」と不安だったでしょう。
そして、肺が片方ダメになって気管に血が混じっての呼吸は苦しかったでしょう。
まだ1歳なのに、どうしてクゥは苦しい中逝かなくてはいけなかったのでしょう。






病院側の説明は、短頭種は麻酔からの覚醒時、呼吸器を苦しそうになってから外すので
外したとき転げまわってしまい、まだ覚めきっていないのでヨダレを誤嚥してしまったとも、
MRIの検査結果で「水頭症」が発見され、
嚥下する神経を圧迫していたのかもしれないとも言われました。



病院側からはMRIの検査費用も入院費も請求されませんでした。
木曜日のクゥはいなかった事にして欲しいのかと悲しくなりました。
お金ならいくらでも払うので、病気があってもいいから、
いつものクゥを返して欲しかった。



夜中、引きとりに行った時にクゥはまだ温かで、そして苦しそうな顔をしていました。


冷たくなってしまったクゥ。
でも、朝になって起きてこないのが私には不思議でたまりません。
私が動くと、ちょびより先にどこまでどこまでもついてきていたのに、
今日は私が声をかけても撫でても横たわったままです。



明日9:20に荼毘にふします。
祈りなど通じないと分かっていも「行かないで」という気持ちでいっぱいです。



DSC08769-1.jpg






Posted by ちょび子
comment:43   trackback:0
[病院・体

thema:犬。それもパグ犬。 - genre:ペット


パグ発見
雛祭り・・・ちょびクゥ「オナベ」だからいいやって事にして今年はナッシングにしましたが、
ブログ見てて3月3日生れの誕生祝に押しかければいいんだと気が付きました
来年の今日のネタ決定!!したところで。





本日は雛祭りと関係なく診察待ちの待合室にて。





「クゥたん、あのパグさんくうさんって呼ばれてたよ。」

DSC08391-1.jpg






「同じ名前だね」

DSC08388-1.jpg





クゥとの間に大型犬が鎮座していてお話は出来なかったのですが
「くう太」君ってお名前でした。間違いなく10K越えの恰幅のいい男の子でした。


DSC08390-1.jpg



今、通っている病院はいつ行っても激・混みで、いろんなワンコに会えるのですが、
パグちゃんとも毎回会っちゃうんですよねぇ。





男の子と云えば、この病院には2名の男の子(←私から見たら)
AHT(動物看護師)がいます。

DSC08285-1.jpg

この子、爽やか系!もう一人はきびきび修行僧タイプ^^;






爽やか君、顔だけじゃなくって愛想もいいんだけど、検温君なんでクゥたん苦手かも^^;

DSC08287-2.jpg


クゥたんドヨヨンしてないで。







皆がクゥ娘を応援してくれてるよ。ちょっとだけ色んな事我慢しようね。


DSC08653[1]






検温でも注射でもイイ子のクゥたんにポチっとな!!
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村


Posted by ちょび子
comment:22   trackback:0
[病院・体
ちょびと仲良し
車の中で診察の順番待ち中に。



見つめ合うパグとパグ。

DSC07887[1]









気に入ったらしく頬ずり。

DSC07888[1]







また、見つめあい。

DSC07890[1]






暇なのでディープなキスを

DSC07882[1]




繰り広げる。

DSC07885[1]







一応ワンコの礼儀なので、オチリをニホッってもみましたが。

DSC07891[1]





臭かったらしく放置です。

DSC07896[1]









ぬいぐるみだろうとワンコと仲良くなれないちょびにポチっとな!
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村




前回の記事を読みご心配下さった方、温かいコメントを下さった皆様へ。

↓ ↓ ↓ ↓

 more...

Posted by ちょび子
comment:19   trackback:0
[病院・体
出だしはこうである
  ・ 
 

  ・



クゥは内耳炎の疑いがある。

DSC06817-1.jpg


詳しく経過を書こうか(毎日つけていたので)
結果だけ書こうか考えて、この書き出しにしました。




事の始まりは月曜日の朝。
クゥがご飯を食べない事から始まります。



その時は食欲不振なのかと思ったのですが、
今にして思えば、船酔いのような状態にみまわれ、
食べるのがしんどかったのだと思います。



DSC06819-1.jpg




次の日になっても元気はなく、寝てばかり。
夕方になり、頭の傾きに気が付きました。





結局、月曜日から水曜日までで、病院を4つ渡り歩きました。



火曜日の夜に行った病院で眼振を指摘され、
結局、夏にアレルギーでかかっていた病院にMRIがあると云う事で
昨日から数ヶ月振りにその病院のカルテのページ数を増やしています。




内耳炎の診断は確定ではありません。
耳の汚れ、眼振、傾頭からの推察です。


全部で5人の獣医に見てもらったのですが、
最初診てもらった獣医は食欲不振でかかっているので参考にならないとして、
残り4人のうち2人は内耳炎だろうという診断です。
残り2人は耳だれや見える範囲で炎症は見られないので
鼓膜の中までの確定は難しいのでMRIを撮った方がいいだろうと。


DSC06831-1.jpg



分かっています。
MRIで病気の診断に必要な情報を得る事が出来るのです。




ただし麻酔が必要なので、体に対するリスクを考え、吐き気がなく、
真っ直ぐ歩けるなどを考慮し、一番疑わしい内耳炎の治療をしながら
『様子をみる』




内耳炎が治っても、傾頭、顔面麻痺などの症状が消えるのに半年はかかり
その間「何が原因だろう」と悩むよりはMRIを撮ることで
『耳か脳か原因を(ある程度)特定する』*傾頭、顔面麻痺は後遺症で残る事もある。






決めるのは私なんですよね。
・・・結論は出ているのに決断するのは難しいです。



DSC07945[1]





4日経ち、眼振がなくなったせいか普段通りとはいきませんが
食べれているのでひとまず安心。ブログにUPする事にしました。






クゥたん、一週間は毎日お注射だって。

DSC07865[1]
痛かったり苦しかったらちょびみたいに鳴いていいんだよ。
暖かいお散歩日和なのに、車の中で診察待ち2時間はシンドイね。
でもね、お散歩嫌いのちょびはお散歩に行かないからいつも一緒だよ。
抜けがけなんてしないんだから。






家族がクゥに優しいので機嫌が悪いちょびにポチっとな!
↓   ↓   ↓
にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村



ここ数日ブログを読み逃げ状態でコメントを残せておりませんが、
楽しい記事を読むことでちょび子は元気を頂戴しております。













Posted by ちょび子
comment:24   trackback:0
[病院・体

thema:犬。それもパグ犬。 - genre:ペット


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。